good cycle ikoma

【レポート】小さくても面白い仕事「ナリワイ」

10月22日(土)、カフェkininaluで「仕事と生活をボーダレスに暮らす 小さくても面白い仕事『ナリワイ』」を開催しました。

ゲストは、個⼈が⾝⼀つではじめられる現代の「ナリワイ」をつくる伊藤洋志さん。会社員、会社勤めしながら副業をしている方、定年退職後に他業種へ転職した方、公務員など20代から60代の様々な年代の方が参加しました。

講座は、参加者の自己紹介からスタート。
一人一人の経歴や職種から「こんなナリワイができそうですね」と伊藤さんが提案すると、参加者は考えたこともなかったナリワイに驚きの様子でした。

続いて、仕事を自給しながら、年間30~100万円規模の仕事を6、7個行う伊藤さんの一年間のスケジュールや、実際作ってきたナリワイを共有。

「活動の方向性は、大きく2つ決めています。1つ目は、世の中全体をよくする活動。2つ目は、自分の生活が健康的になる活動。補足すると友人や通りすがりの方の手助けになるようなことも大切にしています」という言葉を、頷きながら聞く参加者の皆さん。

「今まで作ってきたナリワイの一つにモンゴル武者修行ツアーがあります。これは、パッケージツアーでは体験できない個人のやりたいことを叶えるツアー。お客さんの話をとにかく聞くことで、企画をアップデートするためのヒントやアイデアが見つかります。」

「ゲルに住んでみたいという方には、建てられるところまでレクチャーし、技を身に着けて、人に教えられる状態にします。そうすることで、その人が新たなナリワイを始めることができます」と、伊藤さんは話します。

講演の後は、全員でナリワイ作りのワークショップ。
「無駄なもの」「余っているもの」「スキル」を書き出していきます。この3つを掛け合わせることで新たなナリワイが生まれるそうです。

大事なのは、一人だと考えが凝り固まってしまうので、みんなでアイデアを出し合うこと。

それぞれの考えを集め、参加者全員で共有します。無駄だと思っていることが周りから見ると良いことに見えたり、お互いのスキルを掛け合わせることで解決できたり、新しいナリワイができていきます。

参加者からは、「人とのつながりが大切だと思った」
「軸を考えすぎず、自分の興味・関心を広げることの大切さが分かった」
「余っているものや無駄なものに意識をし、考えてみたい」
といった感想が聞かれ、多様な働き方のヒントを得る時間となりました。

【スタイリングウィーク2022レポート】
2022年10月4日 子育て用品を地域でシェア
2022年10月9日 マーケットでまちを変える
2022年10月14日 副業という選択肢
2022年10月16日 生き方の新しい軸を見つける
2022年10月22日 人のこころにささるコピーライティング
2022年10月22日 小さくても面白い仕事「ナリワイ」
2022年10月23日 職人に学ぶ、はじめてのDIY
2022年10月29日 脱サラ農業のあれこれを語る
2022年10月30日 新感覚SDGsスポーツ「プロギング」

2022.11.18 UP

いいサイクルはじめよう、いこまではじめよう

いいサイクルはじめよう、
いこまではじめよう

mail

あなたのグッドサイクルを教えてください