good cycle ikoma

【レポート】人の心にささるコピーライティング

10月22日(土)、市民活動推進センターららポートで開催しました。ゲストに、(株)電通でクリエーティブディレクターを務める、コピーライターの田中真輝さんを迎えました。


参加者は、グラフィックデザイナーの人、ローカルフォトの活動をしている人、自宅でシフォンケーキ教室を主宰している人など、SNSなどで発信するヒントを探している方を中心に多様な方が集まりました。

田中さんの自己紹介のあと、講義編「そもそも、コピーとは」からスタート。
田中さんは、「コピー=課題を解決する言葉。『課題を捉える視点』とともに『人を捉える視点』を持つことが重要です」と話します。
具体的に、CMのコピー「壁がある。だから、行く。」「そうだ 京都、行こう。」「24時間戦えますが?」などが紹介されました。

「コピーを書くのに必要なのは書く力よりも見る力です。見つけた本質を、言葉にして誰かに伝えてみる。そうすることで、きっと毎日を豊かにするきっかけになるはず」と田中さん。

講義編のあとは、実践編「書いてみる時間」。実際に参加者の皆さんがコピーを作りました。
テーマは「普段本を読まない人が読んでみようかなと思うようなコピー」。現役コピーライターの田中さんを前に、真剣に考えます。

そして、いよいよ「見てみる時間」。田中さんから、参加者のみなさんが作ったコピーについて、一つずつ講評されました。
「この一冊はあなたの人生にチャージ!」「始業前の5分の情報収集」
「いいねからフセンへ」とさまざまなコピーが生み出されました。

参加者からは、
「職場で今回の経験を活用していきたい」
「自営のサロンのPRコピーをさっそく考えたいと思います」
「写真を撮るので、そこにより心に響く言葉をつけて表現を深めていきたいです」
「仕事でイベントや展示会などに出す書類で今回の講座は生かせると思いました」
といった感想が共有され、それぞれのスキルアップや暮らしの広がりに繋がる講座となりました。

【スタイリングウィーク2022レポート】
2022年10月4日 子育て用品を地域でシェア
2022年10月9日 マーケットでまちを変える
2022年10月14日 副業という選択肢
2022年10月16日 生き方の新しい軸を見つける
2022年10月22日 人のこころにささるコピーライティング
2022年10月22日 小さくても面白い仕事「ナリワイ」
2022年10月23日 職人に学ぶ、はじめてのDIY
2022年10月29日 脱サラ農業のあれこれを語る
2022年10月30日 新感覚SDGsスポーツ「プロギング」

2022.11.07 UP

いいサイクルはじめよう、いこまではじめよう

いいサイクルはじめよう、
いこまではじめよう

mail

あなたのグッドサイクルを教えてください