good cycle ikoma

【レポート】子育て用品を地域でシェア

10月4日(火)、「子育て用品を地域でシェア」をテーマにオンライン講座を開催しました。
講師は、モノ・コト・子どもの送迎や託児を、ネットを通して顔見知り同士で頼り合う「子育てシェア」を運営する(株)AsMamaで、シェア・コンシェルジュやロキャピインフルエンサーとして認定されている渋口由紀さん。(生駒市は、友人や知人同士で気兼ねなく子育てを頼り合える街づくりを進める(株)AsMamaと「子育て支援の連携協力に関する協定」を締結しています)。

この日は、第一子が生まれたばかりで、子育てについて情報収集している育休中の方や、シェア・コンシェルジュとして活躍中の方など、7名が参加しました。生駒市に住むシェア・コンシェルジュの方は、「子どもが小さいころにAsMama主催の交流イベントに参加し、子育てシェアの仕組みを知りました。子育てが少し落ち着いたので、自分も地域のために何かできないかと思って参加しました。」と話していました。

講座では、子育て用品を地域でシェアする暮らし方として、「ロキャピ」アプリの活用方法を紹介。使わなくなった子育て用品やたまにしか使わないアウトドア用品や調理家電などを貸し出しアイテムとして登録することで、地域の中で貸したい人と借りたい人とがつながれる仕組みです。ポイントは、貸し借りは手渡しで行われること。子育て真っただ中のパパママと少し先輩のパパママ、同じ趣味をもつ方同士など、手渡しだからこそうまれる地域のつながりを広めることが目的だそうです。

また、新しいものを買わない・捨てないという脱炭素社会への貢献も期待されています。講座中、参加者は実際に貸したいモノを家の中で探し、紹介する時間があり、別の参加者から「それ貸してほしい」と思わず声が上がるほど、大いに盛り上がりました。
この仕組みを通じて地域のつながりがさらに広がっていくことを願っています。

【スタイリングウィーク2022レポート】
2022年10月4日 子育て用品を地域でシェア
2022年10月9日 マーケットでまちを変える
2022年10月14日 副業という選択肢
2022年10月16日 生き方の新しい軸を見つける
2022年10月22日 人のこころにささるコピーライティング
2022年10月22日 小さくても面白い仕事「ナリワイ」
2022年10月23日 職人に学ぶ、はじめてのDIY
2022年10月29日 脱サラ農業のあれこれを語る
2022年10月30日 新感覚SDGsスポーツ「プロギング」

2022.11.02 UP

いいサイクルはじめよう、いこまではじめよう

いいサイクルはじめよう、
いこまではじめよう

mail

あなたのグッドサイクルを教えてください