good cycle ikoma

【SW宣伝部レポ】生活からみた起業のヒント

いこまち宣伝部6期生の、やよいんです。

今は未就学児の子育てが中心の私ですが、それもあと数年。次にどんな仕事がしたいかな、いつかは自分の好きな分野で起業できたらなと、イメージを膨らませています。

10月21日、スタイリングウィーク「生活からみた起業のヒント」に参加してきました。会場は秋のぽかぽか陽気の生駒山麓公園、テーブルサイト。講師の西田奈々さんが、柔らかな笑顔で出迎えてくれます。

この日の参加者は、女性ばかり9人。生駒で起業した人も、これからしたい人も。全員の自己紹介からスタートしたことでお互いに親近感が沸き、リラックスした雰囲気で講座はすすみました。

講師の西田奈々さんは現在、アロマサロン&スクールネロリを営むかたわら、いま注目の和のハーブ大和当帰を栽培、普及活動にも力を注いでいます。

まず、ここに至るまでの、ライフストーリーをシェアしてくださいました。宇陀市に生まれ育ち、自然に囲まれて子ども時代を過ごしたそうです。
アロマの世界に関わるきっかけは、大阪で就職し多忙になった頃からの婦人科系の不調と、結婚後に不妊治療を経験したこと。
薬を使う治療法が体質に合わず、食生活の見直しやアロマオイルを使ったセルフマッサージなど、より自然な方法で体の調子を整える心地よさを実感したそう。

その後主婦として2人のお子さんを育てながら、アロマの勉強を本格的にスタート。もとは起業したいという思いもなかったけれど、家族の健康を守りたい一心で好きなことに夢中で取り組む中、少しずつキャリアアップできた経験を聞かせてもらいました。

ご自身のサロンでも大切にされているのは、「子育てを頑張るママや多忙な女性のサポートができれば」という気持ち。そんな優しさが原動力となっていることの他にも、子育てしながらの具体的な勉強法、家族の協力、相談できる人の存在など起業に欠かせないヒントを伺いました。

わたしも、いつかは起業のイメージがあるものの、準備となれば何の見当もつかずでした。今回この講座を主催した市の商工観光課をはじめ、相談に乗ってくれる場があると知り、目からウロコで希望の光が見えた気がします!

そんなワクワクするお話のあとは、フィールドワーク。まずは山麓公園というロケーションが生きる植物採集。どこにでも生えている雑草のような植物にも、体に良い効能があり、お風呂に入れて簡単に楽しむことができるそう。

次にテーブルにズラリと並んだのは、大和当帰やヨモギなど女性の体にうれしい薬草の数々。香りを嗅いでみながらブレンドしてガーゼに包んで自分だけのハーブボールを作り、おみやげにいただきました。

講座が終わってから、参加者どうし意気投合し、グループを発足。後日、西田さんのサロンへ習いに行くほどの繋がりができたんです。これこそ、スタイリングウィークの素敵な一面では?と、大満足。参加できたことに感謝です。

【スタイリングウィーク2020レポート】
2020年10月14日 生きるように働く~これからの暮らし方~
2020年10月16日 住まい手と設計者が語る 人に優しいリノベーション
2020年10月21日 生活から見つけた起業のヒント
2020年10月23日 子育てをシェアしよう
2020年10月24日 人とまちに出会う ローカルフォトの力
2020年10月25日 ゼロから学ぶ大人の農業体験
2020年10月30日 時間も手間もかからない整理収納のコツ

2020.12.22 UP

いいサイクルはじめよう、いこまではじめよう

いいサイクルはじめよう、
いこまではじめよう

mail

あなたのグッドサイクルを教えてください