good cycle ikoma

【SWレポート】住まい手と設計者が語る 住みながらのリノベーション

10月16日(金)、「住まい手と設計者が語る 住みながらのリノベーション」をテーマにしたトークイベントをオンラインで開催しました。

講師は、中古物件をリノベーション・DIYしながら住まう生駒市の甲斐俊也さんと、設計・リノベーションに携わった建築士の伊阪洋さん。当初は新築も視野に入れていたという甲斐さんが、なぜ中古物件を選んだのか。どのように伊阪さんとリノベーション・DIYを進めたのか。進行役の「オフィスキャンプ東吉野」代表の坂本大祐さんが、2人の本音を聞きました。

まずは物件との出会い。
伊阪さんから「面白い物件が出たよ」と紹介された広い庭やレモンの木に一目惚れ。「建物の外部空間が大切」と考える甲斐さんにとって魅力的な物件でした。

「家は伊阪さんが何とかしてくれる」と、信頼できる建築家がいる安心感も大きかったそうです。「設計する人とタッグを組むと進めやすい」と語ったように、中古物件探しは建築家との出会いが入口になるかもしれません。

続いてリノベーション。
「リノベーションはエキサイティング」「完成をある程度想像できて、想像を超える感動もある」「完璧でなくても、余白や曖昧さを楽しむ」と甲斐さんが語ったように、たくさんの仲間と住まいづくりを楽しむ様子が写真からも伝わってきました。伊阪さんは建築家ならではの視点で「古い建物は温もり・味がある」「全て新しくせず、良いところはそのまま残す」など、古い建物の魅力やリノベーションの極意を語りました。

また、オンラインの良さを活かし、カメラ越しにDIY箇所を見てもらう演出もありました。
「大工さんに余材でDIY用の作業台を作ってもらうと良い」「ペンキ塗りは養生が大切」といった経験者ならではのすぐに活かせるアドバイスや、リノベーションにかかった費用なども紹介されました。

トークセッション後の質疑応答では「DIYイベントに参加したい」「DIY・リノベーションの相談に乗ってほしい」などの相談が寄せられ、生駒で住まいを探す人やDIY・リノベーションしたい人たちの熱気を感じました。

生駒市では、今後もこのようなイベントをgood cycle ikoma「いこまのすまい」を通じて、中古住宅やリノベーションの利点・魅力を積極的に発信していく予定です。

【スタイリングウィーク2020レポート】
2020年10月14日 生きるように働く~これからの暮らし方~
2020年10月16日 住まい手と設計者が語る 人に優しいリノベーション
2020年10月21日 生活から見つけた起業のヒント
2020年10月23日 子育てをシェアしよう
2020年10月24日 人とまちに出会う ローカルフォトの力
2020年10月25日 ゼロから学ぶ大人の農業体験
2020年10月30日 時間も手間もかからない整理収納のコツ

2020.11.27 UP

いいサイクルはじめよう、いこまではじめよう

いいサイクルはじめよう、
いこまではじめよう

mail

あなたのグッドサイクルを教えてください