good cycle ikoma

運動を始める一歩、スタジオippo。

フィットネススタジオippo

生駒市壱分町にあるフィットネススタジオippo。曜日別に毎日様々なレッスンがあり、たくさんの人がインストラクターと共に笑顔で体を動かしています。オリジナル体操やオトナが参加する運動会も開催し、運動を始める一歩を提供しています。

「三日坊主」という言葉がないスタジオ

スタジオippoのインストラクターは5人。ピラティスや筋膜リリース、ダンス、ヨガなどのレッスンがあり、どれも運動を始める人や再開する人に合った内容になっています。
代表のサカグチアサカさんはピラティスのインストラクター。大手スポーツジムに10年以上勤めた経験を生かして、生駒の人に運動するきっかけの一歩をつくろうという思いから、スタジオを2019年にオープンしました。

月々の会員費がないのが特徴。単発のレッスンを自分のペースで無理なく始められます。「もし途中で来られなくなっても、運動を辞めたと思わないことが大切。休んでしまっても、また再開すれば三日坊主ではありません」とアサカさん。

利用者同士の交流も魅力の一つ

アサカさんは三人の男の子のお母さん、スタジオを始めた時には三男がまだ1歳だったとか。「大変な時でしたが、皆さんに運動してもらいたい思いが強かったので、チャンスがある時にやってみようと思いました」

現在所属しているインストラクターはアサカさんをはじめ、MAYUさん、KANAさん、くみえさん、SAYAさん、カヨコさんの6人。スタジオに通う人の年齢層はさまざまです。お客さん同士の交流も魅力で、年上の方に元気でいられる秘訣を聞いたり、子育てを相談したりすることもあります。

運動のきっかけづくりはスタジオの外でも

スタジオの活動は幅広く、新しいラジオ体操「イコマまんてん体操/第1・第2」を考案。振り付けはアサカさん、音楽も場所も動画作成や出演者も全てが完全オリジナルで、1度耳したらクセになる元気いっぱいの体操です。

他にも、中学生以上が参加できる「イコマナイター運動会」も年1回開催。子どもたちに声援をうけながら大人が競技に挑戦し、最後のプログラム「マイムマイム」では選手、観客、スタッフが笑顔で輪になり踊ります。

「カラダは一生使い続ける大切な資本です。元気があれば乗り越えられることはたくさんあるし、何より元気は自分でつくることができます。ぜひ、たくさんの方にカラダを動かす気持ちよさを伝えていきたいです」と元気に話すアサカさんの活動は、これからも続きます。

  • ・住所/生駒市壱分町1018-1
    ・営業時間/9:00~12:00(不定休)
    ・電話/090-5018-2812
  • https://coubic.com/ippo

WRITER 小林まっこ

兵庫県出身、2003年から生駒在住。市内で「cocodesign 山の印刷屋」主宰。趣味はカメラとアウトドア。「イコマカメラ部」を運営し、カメラで地域を盛り上げる活動をしています。これからもたくさんの人と関わりながら、生駒から楽しいことを発信していきたいです。(いこまち宣伝部3期生)

心地よい暮らし、温かな人、おいしいお店、みんなで楽しめるイベント…。
生駒のまんてんの魅力と元気を、生駒ラブな気持ちといっしょに発信するフェイスブックページです。

いいサイクルはじめよう、いこまではじめよう

いいサイクルはじめよう、
いこまではじめよう

mail

あなたのグッドサイクルを教えてください