good cycle ikoma

気持ちを伝える特別なクッキー

お菓子工房 プチボヌール

繊細なレース、立体的なお花、筆文字・・・。クッキーの上にどんな模様も描いてしまうパティシエ・谷口由紀子さんが作るアイシングクッキーは、お礼やお祝いに、記念にと、「気持ちを伝えたい」場面でオーダーすれば、確実に贈る人の気持ちを届けてくれる特別なクッキーです。その力は、口コミで着実に広がっています。

2回目のパティシエデビュー

生駒市内で13年間、ケーキ屋さんを営んでいた谷口さん。一旦はお店を閉め、お菓子からも遠ざかっていましたが、受講していた起業塾の修了時に講師から「塾生の卒業祝いに、お菓子を作ってほしい」と頼まれて、アイシングクッキーを作りました。
本格的な展開は想定していませんでしたが、みんなの嬉しそうな声に背中をおされ、4ヶ月後から本腰を入れて作り始めることになりました。

デザインも価格も味にも納得

(写真:生駒市提供)

アイシングクッキーの評判は、あっという間に広まりました。1個350円~500円程度という手頃な価格、精密で目を引くデザインは人の心をひきつけ、イベントに出店すると瞬く間に完売。無添加で子どもにも安心して食べさせられることも支持されました。
何より、とても美味しいのです。「見た目はかわいいけれど、味はあまり期待できない」という私のアイシングクッキーの概念は、見事に打ち壊されました。

気持ちをこめる技は、まさに職人

お店のロゴなどを正確に再現するのはもちろんのこと、毛筆で書いたような和風な筆文字、切り絵風、細かいレース模様も描き出します。
いこまち宣伝部が企画した人と人がつながるお出かけツアー「いこまとりっぷ」では、生駒市在住の陶芸家・高島大樹さんの作品を模したアイシングクッキーを制作。参加者はもちろん、高島さん本人も「立体感があってとても美しい」と感動をご自分のSNSで発信されました。

オーダーは、ごく少数枚からOK。ざっくりとしたイメージを伝えてお任せすることも、詳細なイメージの再現もどちらにも応じてもらえますよ。
卒業・入学祝い、習い事の発表会の記念品、お歳暮・お年賀、お世話になったお礼・・・。贈る人が伝えたい気持ちをぎゅっと1枚のクッキーにこめることができるのは、まさに職人技。贈られる人はもちろん、オーダーした人もワクワクし、お互いを一層つないでくれるツールです。
笑顔と幸せを運ぶアイシングクッキーを、ぜひオーダーしてみてください。(2020.2.5UP)

  • インスタグラム:https://www.instagram.com/petitebonheur2017
    メール: tacochan1007@gmail.com

中村奈津子

WRITER 中村奈津子

岩手県花巻市出身、2012年から生駒在住。一児の母。姿勢・スタイル美人を増やすため、開脚インストラクター、ボディケアトレーナーとして活動中。いこまち宣伝部の活動を通して、生駒暮らしを楽しむ人たちの魅力にひきこまれ、友達をつくりにまちへ飛び込む毎日を楽しんでいます。趣味はぽっちゃり飼い猫ココの匂いをかぐこと。(いこまち宣伝部4期生)

心地よい暮らし、温かな人、おいしいお店、みんなで楽しめるイベント…。
生駒のまんてんの魅力と元気を、生駒ラブな気持ちといっしょに発信するフェイスブックページです。

いいサイクルはじめよう、いこまではじめよう

いいサイクルはじめよう、
いこまではじめよう

mail

あなたのグッドサイクルを教えてください